着るって楽しい! Wwen -Den Haag-

”Doe maar gewoon dan doe je al gek genoeg”

という格言があります。英訳すると”Just act normal, that’s already crazy enough”。フツーに行動しなさい、それもすでにクレージーなのだから。という感じでしょうか。

そんな格言があるからか、私のオランダの友人たちは派手な身なりを避ける傾向にあります。ファッションショップを見渡せば、確かにオランダのファッションはやや地味めかつ大味で、顔が地味めなワタシにはやばいです。群衆Aどころか、そこにいたかどうかもわからない存在感ゼロなオンナになってしまいます。もう少しおしゃれ感覚を磨けば、そんなベーシックスタイルも着こなせるのかもしれないけれど、道遠し。

というわけで、オランダにおける洋服買いは、ユニクロ的な使い方こそすれ、それ以上の期待&希望もありませんでした。

そんなある日、ハーグのPrinsestraat(プリンセストラート)を歩いていたら、気になるショップが目に留まりました。

中に入ると……

ぎゃー!!! ポップでカラフル、んでもってレトロタッチもそこかしこに! とにかく遊び心に溢れるアイテムだらけなんです! ここオランダで、超好みのお店に出会えるとはっ!!!!

Wwen(ヴェン)という名で、オーナーのセンスで集められたセレクトショップです。オランダのみならず、スペイン、北欧、フランス、ギリシャなどから仕入れているそうです。一点一点、柄、カッティング、色使いにツイストが効いています。

「ファッションも大切だけど、プライスはもっと大切!」とオーナーがいうとおり、すんごい求めやすい価格帯のアイテムが揃っているのです。一目ぼれして買ったベルリンのブランドの黒地に虫刺繍が入ったジャケットも、ショップによっては3~3万くらいしそうなたたずまいなのですが、1万5000円くらいでした。

オランダでは洋服が傷まないか心配になるくらいラックにぎゅーぎゅー詰めでかかっていることが多く、ご多分に漏れずここも同様で(日本のショップがスカスカすぎるのか??)、一点一点見るのは根性と時間とわずかながら力がいるのですが、いろーんなアイテムがおいてあるので、ぜひ時間をかけてみたいところです。ショップの人たちもとってもフレンドリーなので、大いに長居しちゃいましょう。

 

2016-06-14 | Posted in すきなお店No Comments » 

関連記事

error: Content is protected !!