シンタクラース上陸 Sinterklaas

シンタクラース。11月中旬から12月上旬まで続く、オランダ最大のイベントです。日本はおろか、世界的にもマイナーな扱いを受けているようですが、オランダでは国王の日に続く、国が総力をあげて行うイベントです(国王の日もマイナー?)。

シンタクラースのイベントの流れは以下です。

11月中旬(第2週の土曜日)、シンタクラースがズワルトピート(黒いピート)を従者にしてスペインから蒸気船でオランダにやってきます。白い馬に乗って、オランダ全土を行脚してながらよい子を訪ねます。その期間、こどもたちが馬のごはんであるニンジンや、手紙などを靴に入れ、暖炉の前において置いておくと、あら不思議! 翌朝、チョコやキャンディーに変わります。夜中にズワルトピートが煙突からやってきて、そっと小さなプレゼントを置いておくのです。そして12月5日、イベントはクライマックスを迎えます。朝、リリーンと玄関の呼び鈴が鳴るのでドアを開けると、人の姿はなく、あるのは大きな麻袋。シンタクラースがよい子へのプレゼントとおいていったのです。プレゼントを配り終えると、ズワルトピートとともにスペインに戻ります。しかし、帰る姿を見た人は誰一人としていません。

1年で最大のお祭りということは、お店にとっては、年最大の商戦期。スーパーではシンタクラース関連のお菓子がずらっと並びます。

店はもちろん、お家の前にシンタクラースのフィギュアを置く家も現れます。

徳島の阿波踊りではないですが、そこかしこで、じわじわと盛り上がってきています。

11月第2の土曜日、このお祭りの最大イベントであるシンタクラースのオランダ上陸を見に行ってきました。

場所はスケベニンゲンです。待てよ。全国ネットで放映されるシンタクラース上陸する場所はMaassluisといってなかったっけ?「スケベニンゲンにも来るよ」とぽーる丼。「その日、どのくらいの人数のシンタクラースがオランダに来るの?」と聞くと、なにアホな質問するとばかりに「んなの、ひとりに決まってんじゃん」。

その日は”メイン”シンタクラース(全国ネットで生中継)と、”ローカル”シンタクラース(地方ネットで生中継)の2種類がオランダにやってきます。公式シンタクラースと非公式シンタクラースです。昔はメインとローカルの上陸時間に時間差をつけてシンタクラースがオランダに一挙に到着しないようにしていたそうです。子どもの夢をぶち壊さないよう周到に仕込むその情熱は、さすがイベント大国。そして、国を挙げての壮大なる”子どもだまし”。いや、子どもだましは聞こえが悪いですね。

スケベニンゲンの港に設けられた特設舞台は盛り上がりをみせています。

ズワルトピートがすでにあちこちで出没し、子どもに挨拶したり、お菓子をくばっていたりしています。

シンタクラースのお手伝いをするズワルトピートは、シャネルズ顔負けの真っ黒い顔、天パの黒髪、赤いくちびる、羽飾りのついた帽子、カーニバル風のカラフルな派手な衣装が特徴です。

シンタクラースの助手として、お菓子くばり、お掃除、お料理、馬のお世話などあらゆる仕事をします。シンタクラースの従順な助手というよりも、ちょっとおっちょこちょいでせわしなく、子どもと一緒に騒ぐのが大好きなキャラクターのようです。だからか、子どもたちの間で絶大なる人気を誇ります。子どものコスプレも、シンタクラースよりも圧倒的にズワルトピートのほうが多いです。

ここ2~3年、ズワルトピートは人種差別的だという議論がもちあがり、黒塗り廃止にまで追い込まれそうな感じになっています。が、ふたを開ければ、なんてことはない黒塗りだらけ。ちなみに公式シンタクラースのほうでは、顔に煤がついたズワルトピート(煙突を使うのだから顔は汚れるしという理由から)で決着をつけようとしているようです。

ズワルトピートは確かにシンタクラースが黒人をお付きにしたという話から始まっているものの、人種差別議論は、ちょっとナンセンスかなと思いました。というのも、子どもにとってズワルトピートはズワルトピート以外の何者でもないからです。彼らのはじけんばかりの笑顔から分かります。これからはじまる楽しいイベント週間に、どこからかやってくる不思議で楽しい仲間。そして、大人の側も、黒塗りは子どもの世界に帰ることができるペルソナのような役割を果たしていると思います。

さて、話をスケベニンゲンに戻します。仮設会場の歌やらダンスやらがますます盛り上がりをみせていると、ボーッという汽笛が。「シンタクラースがやってきたよ!」

人垣が一挙に船着き場に押し寄せます。いつもの人間壁に阻まれてなかなか見えませんが、子どもたちは身長180cm以上のパパの肩車という特等席から高みの見物。見晴らしよさそう。

ボーッ。蒸気船が港に近づいてきました。ズワルトピート、てんこ盛りです! その数、100人は下りません。赤い帽子、赤いマント、真っ白なおひげのシンタクラースの姿もあります!

船が港に横づけされ、シンタクラースを先頭にスケベニンゲンに上陸。まずハーグ市長がお迎します。次にスペイン大使からも歓迎のスピーチ。この仰々しさ。いいですねぇ。

次いでプレゼント配り隊、楽隊ピートと、ズワルトピートもぞくぞく上陸します。

これからルートに従い街の中をパレードします。ちょっと冷えた身体をカフェのコーヒーで暖めてから街中のパレードを見にいきました。

街中のルートにはすでに人垣が。ズワルトピートも出没し、子どもにお菓子を配っています。

待つこと30分ほど。警察に先導され、パレードがやってきました。

楽隊ピート、馬ピート、バービーピート、なぜかシンデレラ、デパートピート、八百屋ピート、踊るピート、地元魚屋ピート、消防ピート、DJピート、いろんなピートがやってきます。ピート、こっち向いて~、ハイタッチして~と声があがります。

やっとこさ、白い馬にのったシンタクラースの姿が見えてきました。聖人というよりも、みんなに愛されている棟梁みたいな印象です。

数時間後、中心街にいってみたら、ここでもパレードを待つ人垣ができていました。

今回、シンタクラース上陸の様子を初めて体験し、ひとつ発見がありました。シンタクラースは子どもだけのお祭りだと思っていたのですが、どうして大人のためでもありました。もちろん大人はシンタクラースとズワルトピートが本当にいるとは思っていません。分かっているけれど、シンタクラースが船でやってきたその瞬間から、子どもとはまた違う次元でその存在を信じ、大いに楽しんでいるようなのです。このお祭りを前に「大人らしくふるまう」作法は無用のようです。楽しいならのっかってしまえ! 自分が小さい頃眼をキラキラ輝かせていたように、あるいはそれ以上に、子どもらがシンタクラースを楽しめるよう、全力を尽くしています。

そんな暖かさを感じるシンタクラース。12月上旬まで、街角でズワルトピート、シンタクラースに出会うのを楽しみにしています。

 

img_1482

 

 

2016-11-20 | Posted in 行ってきましたNo Comments » 

関連記事

error: Content is protected !!