ミニマル&ベーシック Laundry Industry -Amsterdam-

アムステルダム博物館にほど近い場所に、見るからにハイセンスなショップがありました。Laundry Industryといいます。

白を基調にした広い店内に並ぶ洋服は白や黒、ベージュなど色目を抑え、シンプルなインテリアに美しくとけこんでいます。単にベーシックなデザインだったら服を着るというより、着られるタイプの私には着こなせそうもなく(ちっともおしゃれに見えない)、しかもお値段もはるし、チラ見して出ていくところでしたが、ひとつのディスプレイ台に目がとまりました。

カラス。ベーシックデザインの中にも、ちょっとダークなツイストが入っている? 改めて商品をよく見てみると、スティッチの処理やカッティング、生地の合わせ方に工夫が見られます。それもわかるかわからないか程度の、ちょーっとしたところ。シンプルに作りあげて最後の最後にブランドタッチをそっと入れる。いいですね、このセンス。

Laundry Industryはアムステルダム出身のブランドです。スタートは1992年で、ミニマルなデザインはまたたく間に評判を呼び、ヨーロッパでは高い評価を受けています。アムステルダム中心街にあるフラッグシップストアは、2015年3月にオープンしました。広さは550平方メートル、2階建てでファッションの他、インテリアグッズ、アクセサリーなども置いています。

オランダの女性は、賑やかなプリントや、カラフルな色目にはあまり興味がないように伺えます。シンプルな服装を好むようで、そこへでかいのも手伝って、一見、おしゃれに見えません、正直(すいません)。そんなオランダDNAにツイストを挟みこむLaundry Industry。過度を好まず、でもしっかりと自己主張をするという、オランダらしいブランドです。

 

 

 

2016-03-25 | Posted in Laundry Industry, すきなお店No Comments » 

関連記事

error: Content is protected !!