ねこ博物館 kattenkabinet

アムステルダムの運河は、中心街を囲むようにして走っているのが特徴です。中心街からいちばん内側がシンゲル、外に向けてヘーレン、カイゼル、プリンセンの各運河がぐるっと<span class=”st”>環状になっています。アムステルダムでは、そんな運河を行ったり来たりする、街歩きならぬ運河歩きが楽しいです。

運河沿いにはベンチがぽちぽちと置いてあるので、パンを片手にゆっくり休憩したり、橋の上から美しい水の風景を楽しんだり。運河沿いには17世紀に建てられたカナルハウスが並んでいます。歴史的建造物として保存されているカナルハウスも多く、中が見学できるカナルハウスミュージアムという建物もあります。が。邸宅内見学+プラスアルファなカナルハウスがあるのです。

ヘーレン運河沿いのカッテンカビネット、ねこ博物館です。

全部ねこです。ねこの置物、ねこ絵、ねこポスター、ねこぬいぐるみ、ねこ写真、ねこグッズ、昔ねこ、今ねこ、西洋ねこ、東洋ねこ、招きねこ。オランダ好きで、アムス好きで、運河好きで、カナルハウス好きで、ねこ好きという方がおられるなら、至福の観光タイムが過ごせます。

カナルハウスは黄金の17世紀、貿易で財をなした商人が運河沿いに家を指します。飾り破風が特徴で、荷物の上げ下ろしできるように滑車をかける棒が付き出ています。邸宅内は狭い間口からは想像もできない広さです。展示されるねこに飲み込まれることなく、堂々たる構えで、往時の豊かさが偲ばれます。

 

地階には売店もあります。ねこ葉書、ねこバッグ、ねこTシャツなど、もちろんねこ尽くしです。

観光客で溢れかえるアムステルダムをよそめに、優雅な時が流れるカナルハウス。そうそう、ねこって騒がしい場所が嫌いですよね。まったりとした空間で、どのねこ展示も気ままにのびのびしています。

関連記事

error: Content is protected !!